電話番号 097-537-4525

メリットとコンサル

本ページは、概略の説明ではありますが、当社がお客様にご提供できる情報である、「メリット」と「コンサル」の内容を簡単に例として記載したページです。詳細につきましては、物件や立地とお客様の状況により、お話しする内容や流れに多少の変更がありますので、これを念頭にお読みください。

施設閉鎖の前に一度、ご相談ください。

ディベロップ(以下、当社)では、個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律等を遵守するとともに、以下のプライバシーポリシーに基づき、お客さまが安心してサービスをご利用いただけるよう、お預かりしている大切な個人情報を適切に取り扱い、その保護に努力していきます。また、事業内容や社会的環境の変化に対応して、本プライバシーポリシーの内容は適宜見直し、改善していきます。

☆宿泊施設売却時のポイント

宿泊施設の売却決定まで一般的には時間がかかるため、運営しながらの売却活動を行うのが最適であります。また、一度、施設を閉鎖してしまうと事業性評価が下がるなど、売却価格の大幅下落へ繋がります。
また、売却期間中に売却情報の漏洩は避けるべきです。物件の価値が下がるどころか益々売れにくい状況となります。
しかしながら、すぐにでも経営から手離れしたいとのオーナー様もいらっしゃるかと思います。弊社独自の売却を目的とした『条件付き運営』制度もございます。買い主様の条件によっては、弊社でそのまま継続する事も可能です。スムーズな売却を最優先課題とします。
「現状売上」と「根拠に基づいた将来の売上」が売却価格を左右します。収益性に影響を与える項目を最重視すべきです。


ご売却をお考えのオーナー様へ

弊社の売却プラン概要

1. 売却希望価格に合わせて達成できるスケジュールプランを検討
2. 債務超過(オーバーローン)の場合、金融機関との協議により売却金額を設定
3. リニューアルで売上がアップする見込みがある場合、効率のよいリニューアルを行う
4. 運営管理、指導を一定期間内に、当社が行い根拠に基づいた目標売上にする
5. 運営管理、指導の一定期間内に、土地・建物・隣地境界の調査と売却に必要な書類を整える
6. ブローカーに物件情報を持ち出しされ、物件の価値を下げる事のないよう、情報漏洩の防止を最大限図る。
7. 売却時の従業員引き継ぎトラブル回避

※売却活動中は一定の売上又は(賃料)収入があります。希望価格で売却できた場合、その収入が上乗せ利益となるので、希望価格以上で売却できる 可能性も十分にあります。

※査定は無料で承ります。また、弊社の不動産コンサルティング手数料は売却成約時の不動産取引仲介手数料のみ。(関連会社にて)


競売になる前に任意売却をお勧めします。

・任意売却をすると・・・・
・市場価格に近い価格で売却できる。
・売却後、残債務が残った場合、柔軟な返済処理ができる。
・債権者交渉は全て当社が行う。
・一般の売却と同じ販売方法のため近隣に秘密にできる。
・費用の持ち出しが少ない ・競売になると・・・
・市場価格より大幅に安い価格で売却されてしまう。
・残債が多く残ってしまう。
・残債務に関し債権者との交渉を自分で行わなければならない
・公告というカタチで公に公表される。
・強制退去を命ぜられる可能性がある。

競売になる前に任意売却をお進めします。
仮に差し押さえ、競売申し立てされても任意売却と同時進行で処理もできます。
任意売却をすることで、債務者にとっても債権者(金融機関など)にも上記の様な大きなメリットがあるため再スタートに向けてご相談ください。また、タイミングによっては経営再建できる可能性もあります。
まずはご相談ください。


ご購入をお考えのお客様へ

弊社では、全国に渡るネットワーク及び、ノウハウを駆使し最適の物件をご紹介致します。
また、投資・運営の観点からトータルでご提案させて頂きます。
※ホテル経営が未経験の場合でもオープニングコンサルタントとして、アドバイスをさせていただきますので、ご安心ください。


ご購入までのスケジュール

ご購入相談
予算や希望立地
資金計画のアドバイス
事業計画の立て方(運営・実務)
  ↓
物件のご紹介
弊社のネットワークにより、お客様のニーズに合った最適の物件をご紹介いたします。
  ↓
仮契約
物件は、他の希望者が存在したり、施設が営業中のケースがあるため、ご紹介する内容に対しての守秘義務契約を取り交わさせていただきます。
  ↓
調査・物件内覧
法的規則・・・建築基準法・各条例、協定等・権利関係
マーケット調査・・・人口密度・競合施設・運営計画も含め予測収益を算出
役所調査・・・保険所・消防署など
修繕計画の立案・・・リニューアル計画の立案
(資金計画具体化・・・金融機関の折衝)
  ↓
交渉
・調査データを基にスケジュール及び価格交渉
・現行のオーナーとの打ち合わせ
  ↓
成約(弊社関連会社により)
・重要事項の説明・不動産売買契約の締結・手付金のお支払
  ↓
決済
・売買代金残金のお支払・所有権移転登記・売買物件の受け渡し・施設経営の引き継ぎ
※売買契約締結まで手数料は発生しません。


運営受託をお考えのオーナー様へ

運営する上での問題点や課題をオーナー様のニーズに合わせて、最も費用対効果の高い受託方針をご提案いたします。

[運営システム] 中長期経営計画をレポートを作成しご提案いたします。

◇現状のヒアリング・分析
◇理想的な運営状況・経営戦略
  ↓ ↓ ↓
◇運営全般の問題提起・課題の特定
 ・人材の見直し
 ・競合店対策
 ・設備調査
 ・コストバランス
 ・経営管理


運営受託方針のご提案

◇運営受託
 当社がホテルを借りあげる形で、従業員を直接雇用し運営管理をいたします。
 また、必要に応じて中長期の経営計画策定やリニューアル等のご提案をいたします。
 ・オペレーション指導・改善
 ・人材の育成・評価・労務管理
 ・優秀な幹部社員の派遣・スタッフ派遣
 ・経営管理・財務管理
 ・従業員の採用・雇用
 ・取引業者の選定・コストダウン

◇業務受託
 従業員の雇用を除く、ホテル運営の中核となる部分を包括的に受託いたします。
 また、必要に応じて中長期の経営計画策定やリニューアル等のご提案をいたします。
 ・オペレーション指導・改善
 ・人材の育成・評価・労務管理
 ・優秀な幹部社員の派遣・スタッフ派遣
 ・経営管理・財務管理

◇運営指導
 ホテル運営の指導を部分的に受託いたします。
 ・オペレーション指導・改善


コンサルティング・顧問契約をお考えのオーナー様へ

ホテル経営でお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
昨今の社会情勢の中では、ただホテルを持っているだけでは収益アップにはつながりません。現在レジャーホテルのサービスは、どこも同じようなサービスをしており、一般的に思いつくサービスは既になされております。その中でどのように運営・管理を行うか、管理コストをいかに削減するかが重要となってきます。既にホテルを経営されている方には、顧問契約をおすすめいたします。


コンサルティングメニュー

◇顧問契約
 基本的に1年契約となります。(更新可)
《顧問料に含まれるもの》
・定例訪問でのアドバイス
 ※交通費・宿泊費は別途実費を申し受けます。
・電話相談・メールでのご相談(回数制限はございません)
 ※電話相談は原則として、平日の営業時間内で承っております。

◇レジャー経営のコンサルティング
 現地ホテルを訪問しそこでご質問への回答、改善のアドバイス等をいたします。
 ※面談は3時間以内でお願いいたします。

◇レジャーホテル売買のコンサルティング
 売却またはご購入を検討されている現地ホテルを訪問しご相談に応じます。
 地域性や市場を踏まえて売買の助言をさせていただきます。
 ※面談は3時間以内でお願いいたします。

◇改装のご提案
 現地ホテルを訪問し、内見いたします。その際に改装のポイントをアドバイスさせて頂きます。
 [ご希望のご相談内容により、料金が異なります。]
 ・改装のポイント
 ・改装のイメージを図面等でご確認
 ・改装プランを具体的に図面でご確認
 ・室内調度品等の選定
 あくまでも改装についてのご提案となりますので、ホテル経営・売買に関するご相談は別途必要となります。

◇レジャーホテルの従業員教育
 従業員をオーナー様に代わり教育し、問題点の改善を図り売り上げが上がる組織づくりをお手伝いいたします。

◇レジャーホテル投資のコンサルティング
 投資をご検討されているホテルを内見しご相談に応じます。
 部屋を利用した上でのコンサルティングをご希望される場合は、ホテルに宿泊しご相談に応じます。

メインメニュー

情報の取り扱いについて


 ディベロップ
 大分市生石港町2-12-27
 tel 097-537-4525
 fax 097-547-1030
 info@oita-develop.jp
 大分県知事(1)2976号